主日礼拝|今週のみことば



アドベント第二主日礼拝説教(2022.12.4)


「聞き従って、魂に命を得よ」石田 透


イザヤ書55:1-11


 アドベント・クランツの蝋燭の二本目に火が灯されました。今日はアドベント第二主日です。アドベント第二主日のテーマは「旧約の神の言葉」です。昔も今も私たちに語られている「私たちの命の源としての」神の言葉です。そして12月の第一主日は「バイブルサンデー・世界聖書日曜日」でもあります。聖書という恵みの書が私たちに与えられていることをみんなで感謝する日です。そして、「神の言葉を深く味わう」、さらには、「神の言葉をいかに聞くか」、それが今日のテーマなのです。
 今日与えられた聖書は旧約聖書イザヤ書55章ですが、神の言葉がかつてどのように語られていったのか。またイスラエルの民はその神の言葉をどのように聞いたのか。ご一緒に思いめぐらしてみたいと思います。

 イザヤ書は全部で66章ありますが、今日のところは40章から始まる、いわゆる第二イザヤの締めくくりの章です。クリスマスの予言の個所として有名な「苦難の僕」は第二イザヤに出てきます。55章は神の契約・神の 招き・豊かさの約束などの旧約聖書の重要なモティーフが慰めに満ちた励ましと促しの言葉によって示されます。1節では「渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい」との招きの言葉が語られます。そして3-5節の「耳を傾けて聞き、わたしのもとに来るがよい。聞き従って、魂に命を得よ。…」という促しの言葉に続いて、6-9節では、「主を尋ね求めなさい」「神に立ち帰りなさい」と強く呼びかけています。
 つまり神の約束に聞き従うところに、国を失った捕囚の民の起死回生の道があると告げられるのです。紀元前587年頃、バビロン捕囚として連れて行かれたユダヤの民は、ちょうど50年を経て、バビロニアを征服したペルシャ王クロスの解放令が出て故国帰還を許されました。第二イザヤはクロスの解放令が出る以前に、預言者的洞察をもって、クロスによるユダの民の解放と故国帰還を予見し、これを神ヤハウェの救済の業であると解釈したのです。そして絶望の中にあった捕囚の同胞によきおとずれを告げたのです。
 神はいと小さく貧しい群れの苦しみを決してむなしく捨て置くことはありません。むしろ今のこの苦しみこそが「主が近くにおられる」時であり、「主にお会いすることのできる」時なのです。哀歌3:25にあるように、「主に望みをおき、尋ね求める魂に、主は幸いをお与えになる」のです。主を求めない者にはその恵みは届いてきません。苦悩の中で時が経過する時、人は迷います。どうしようもない闇の深さと闇の長さの中で人はさすらい始めます。神のもとを離れて、闇の中をさまようのです。神への信仰を失い、神と共に生きる道を自ら離れ、自分自身の「道」と自分自身の「思い」にのめりこんでいきます。しかし、神はさまよう私たちの空しい死を喜ばれません。私たちを捨て置くことはしないのです。神は私たちに「帰れ」と呼びかけてくださるのです。そして、神は神に帰ろうとする者に対して、「憐れみ」と「赦し」とを豊かに備えておられるのです。ルカによる福音書15章の放蕩息子の話の中には、そのことが鮮やかに描かれています。神に帰ることは、罪許されて故国に帰ることに重なります。人間のもろもろの「思い」を捨て、執着することから解放されて神の「思い」、神の「道」に身を委ねるとき、私たちの思いをはるかに超えたかたちで、神は恵みを与えてくださるのです。
 イスラエルの民のバビロン脱出とエルサレム帰還という行動の中で、もし彼らが人間の判断だけに従った場合、はたして脱出と帰還が可能であったかどうかは疑問です。信仰というのは、人間の能力の過信、言うならばこの地上に絶対唯一の基準を置くことを拒否することから始まるのです。

 10節11節には神への立ち帰りの言葉、「帰れ」という呼びかけの根拠が示されます。第二イザヤはこう言います。
 「雨も雪も…」(10-11節)
 空から降ってくる雨や雪は「天」と「地」を結ぶものです。雨と雪は地に降り注ぎ、地に働きかけて生命の営みを創造し、「種まく者」にも「食べる者」にも必要なものを与えます。このように神の「口から出る言葉もむなしく」神に「帰らない」のです。必ず、何ほどかのことを成し遂げ、神に帰るのです。このことは私たち人間に大いなる希望を与えます。私たちは有限な力の足らない存在です。それが悲しいことだと知っていても、他人の叫び声、うめき声に背を向け、自己保身の道を走ってしまいます。よき隣人になりたいと欲しても、思いとは裏腹に、全く逆に、お互いにとって加害者であるような状態を作り出してしまいます。清くなりたいと思って神の国をはるかに望み見、そこに登ろうとして梯子をかけても、私たちのかけ得る梯子はあまりにも短いのです。そして私たちはその現実に絶望を覚えてしまうのです。
 そのような私たちに「神の口から出る言葉はむなしく神に帰ることはない」と告げられるのです。私たちがその神の言葉を受け入れるとき、私たちは私たち人間の能力ではなく、神から出る言葉そのものの力によって神のふところへと導かれるのです。
 この私たちに与えられる神の言葉は、ナザレのイエスとして具体的に人々と共に生きる存在となりました。み言葉の受肉、救い主イエスの誕生です。これが福音の内実です。福音(よきおとずれ)、すなわち主イエスは人間を不安と懐疑主義から解放します。そして、日常のほんの小さな出来事や、私たちのまわりの小さな存在から、神の力を感ずる力と感性とを与えてくれるのです。
 福音は人間を虚しさと疑いから解放します。福音は絶望することから、希望する主体へと私たち人間を変えてくれるのです。私たちがたとえもろく虚しい砂の器、土の器であったとしても、神は「活ける水」をもって、私たち一人ひとりを生命あるものと変えてくださるのです。懐疑的なこの世界にあって、信仰者の役割は、「希望」ということの素晴らしさをからだ全体で示すことです。生き方そのもので表現することです。日常生活の小さな出来事や、一見価値の低い存在に対して、大いなる意味を見出していく姿勢が大切です。世の中の支配的な流れがどうであれ、私たちはとことん聖書に書かれた神の言葉、人間となられたイエスの生き方にこだわっていきたいと思います。世の中の人は、それを現実から遊離した理想主義と言うかもしれません。しかし、そのことなくしてどうして、神なきあきらめから救い出されるというのでしょうか。神さまの呼びかけに素直に耳を傾け、神さまの約束が成就されるときを待ち望みつつ、今このときをしっかりと歩んでいきたいと思います。