Q & A

Q: 「聖書」を読み始めました。イエスさまのお話しや行動に同じことが何回も出てきますね。
A: 「福音書」のことだね。四つある。これは書いた人や場所も時代も違うんだ。いっぺんに書かれたものではない。だから同じお話しがある。でも読み比べると、違うところも見つかるよ。なぜ違うのかを考えるのも面白い。
   
Q: イエスさまには十二人の弟子がいたそうです。ペトロやアンデレしか知らない。他にはどんな人がいたの。
A: 十二弟子(使徒)と呼ばれている人たちのことだね。イエスさまが選んだ。マタイ10章、マルコ3章、ルカ9章などにリストが載っている。少し違いがあるかもしれないが、ニックネームかもしれない。書き出して比べてごらん。
   
Q: イエスさまの時代、子どもはあまり大事にされていなかったって聞きました。ホントウですか。
A: お父さんやお母さんはもちろん、大人たちも子どもを可愛がりました。でも、子どもはいろいろな難しい決まり(律法)を守れないから、一人前でないと考えられていた。しかしイエスさまは、子どもも大人も神さまの前ではみな同じだといわれた。
   
Q: 「病気になるのはその人が悪いことをしたからだ」と言う人がいた。本当ですか。そんなことはないと思いますけど。
A: 昔の人は、病気の原因(ばい菌など)がわからなかったから、そう考えた人もいた。でも、イエスさまは、そういう考えが間違いであることをはっきり言われた。(ヨハネ9章)。これはとても素晴らしいことだと思うよ。
   
Q: テロや戦争で、大勢の人たちが死んだ。人間はなぜ殺し合いをするんだろう。とても悲しくなっちゃう。
A: 動物は、同じ仲間同士では殺し合いはしないそうだ。生命は神さまからいただいたものなのに、人間は、自分のものだと誤解して、勝手にしても良いと間違った思いを持ってしまった。自分も他人も、神さまの大切な作品なんだ。

 

CSへ戻る