原 宿 教 会 の 歴 史

日本基督教団原宿教会の起源は、ドイツ改革派教会の流れを汲むアメリカのキリスト同胞教会(The United Brethren in Christ)が1890年代に開始した日本伝道です。

 この伝道活動のなかで、1904年7月2日、当時の東京市千駄ヶ谷字原宿で日曜学校が開催されました。
翌年の1905年には、日本基督同胞教会原宿教会(牧野典次牧師)が創立され、1911年には、同胞教会
本部の援助を受けて会堂と牧師館が献堂されました。また、幼児教育を重視する同胞教会の伝統を引き継いで、1918年には、幼稚園が開設がされました。

 1926年、アメリカのキリスト同胞教会の援助から独立し、1932年には、世田谷伝道所(現世田谷中原教会)を開設しました。

 1941年、日本基督同胞教会は新たに設立された日本基督教団の第3部に編入され、日本基督教団原宿教会が成立しました。しかし、1945年には、東京大空襲(5月25日)により、教会堂、牧師館 など全て焼失しました。

 1948年、アメリカ・ノーブ氏夫妻からの令嬢記念献金によって礼拝堂を新築し、献堂式を挙行しました。その後、礼拝堂に接続して、幼稚園園舎や牧師館を増築しました。

 1964年、教会創立60周年の記念行事を実施しました。

 1982年、神 政三牧師が天に召され、1983年、土橋 晃牧師が就任しました。

 1998年、老朽化した幼稚園園舎と牧師館を撤去し、新園舎(牧師館を含む)を建設しました

 2005年9月、新会堂が完成しました。

 2008年4月、土橋 晃牧師が退任され、現在の石田 透牧師が就任しました。

 2012年5月、日本基督教団原宿教会記念誌「100年の歩み」を発行しました。

 

 
教会案内へ戻る